グローバル化する世界で存在感を増すアジア 多面的アプローチでその現代的課題に取り組みます

共同研究

当センターでは、所員、客員教授・研究員はもちろん、内外の専門家が集まり以下の共同研究班を組織し、研究を行っています。

アジアの政治発展

研究代表者
大庭 三枝
研究分担者
[学内]
石井 梨紗子、大川 千寿、後田多 敦、孫 安石、松平 徳仁、村井 寛志
[学外]
佐橋 亮
研究の内容
世界的な民主主義の後退傾向が指摘されている。先進民主主義国でのポピュリズムの蔓延だけではない。未だ民主化の途上にあるアジア等の国でも民主主義は様々な障害に直面している。その背景には、メディアの多様化や地域格差、合意形成の難しさなどもあるが、①民主主義が経済成長の前提になるという「公式」の崩壊、代替的成長モデルの魅力の高まり、②外国勢力による民主主義社会への干渉も指摘され始めている(選挙干渉、シャープパワー)。たとえば市民社会が発達しているフィリピンでも民主主義に逆行する動きも見られる。このような民主主義を取り巻く状況は、政治学者、憲法学者らの大きな関心を集めるにいたっている。
さらにいえば、アイデンティティ政治は高まっており、いわゆる戦後政治の枠組みをめぐって少数者から自決を求める問題提起も国内外で多々みられている。本研究グループでは、戦後国際秩序の基盤をなしてきた民主主義が今、転換点にあるという問題意識に立って、研究を進めるものである。
研究活動
2018年度から2021年度は、研究分担者による情報交換、および外部の有識者を招いての研究会を開催した。今年度も同様の取り組みを進めるとともに、時機をみて、今日の民主主義の実相について考えるシンポジウム等を開催することを検討している。

アジアの国際ビジネス環境

研究代表者
田中 則仁
研究分担者
[学内]
秋山 憲治、石原 伸志、魚住 和宏、孫 安石、灘山 直人、山本 崇雄、行本 勢基、横川 和穂、李 貞和
[学外]
魏 鍾振、笠原 伸一郎、孔 令建、松尾 仁
研究の内容
以下の7項目が研究の主な内容です
  1. アジア地域における国際ビジネス環境の研究
  2. 日中経済貿易の発展経緯と課題
  3. 日系企業の対中国貿易、直接投資などの現状、課題
  4. 日韓経済関係―韓国のグローバル戦略、物流、港湾経済の現状と展望
  5. ASEANにおける日系企業の動向と課題
  6. アジアにおけるFTA、TPP、RCEPなどの動向とグローバル企業への影響と展望
  7. アジア地域におけるルール形成の課題
研究活動

2022年度では、アフター・コロナの経済環境と企業動向を研究し、成果をまとめる予定です。
現地調査、現状分析を深めるとともに、研究成果の発表、提言などを発信します。
研究会は原則公開として、主会場とZOOM会場でのフレックス方式で開催します。
上記の研究者のみならず、本学内外の関心ある方々に参加を呼びかけます。
どうぞご参加ください。

東南アジア地域における6次産業ビジネスモデルに関する研究

研究代表者
髙野倉 雅人
研究分担者
[学内]
佐藤 公俊、田中 則仁、久宗 周二
[学外]
S.H.R. Eksan、Ying-Yu Chen、中島 健一、M.H. Ali
研究の内容

本研究は、東南アジア地域を対象として、6次産業ビジネスモデルに関する事例を調査し、サプライチェーンの各段階(生産・加工・流通・消費)の現状と課題を明確化する。そして、水産加工業など一次・二次産業に向けた効果的なビジネスモデルの構築、生産から消費までの6次産業サプライチェーンのリスク評価および方策提言のための数理モデルの構築と分析を行い、その効果を検証する。

研究活動
  • 研究テーマに即した調査・研究の実施
  • 研究討論会の開催

アジア地域の災害軽減化と防災・減災ネットワーク構築に関する研究

研究代表者
趙 衍剛
研究分担者
[学内]
荏本 孝久、落合 努、佐藤 孝治、島崎 和司、山家 京子
研究の内容
アジア地域では大規模な自然災害が多く発生し、防災・減災の重要性が高まっている。本共同研究では、アジア地域における災害の軽減化に向けて、現地調査を行うとともに災害研究を行っている研究者、防災対策機関の研究者などとの連携を図り、防災・減災ネットワークを構築して情報交換・意見交換を行って課題の抽出と整理を実施する。
研究活動

本共同研究では、これまでアジア・オセアニア地域における自然災害を中心に被災規模、社会的影響に関する調査を行ってきた成果に基づいて、更に国内および国外においてアジア地域の災害関連の調査・研究の報告書等の収集・整理と情報共有のための研究会等を開催して、被災状況の把握と防災・減災に係わる意見交換のための会合を随時開催する。また、研究期間内にはアジア地域の防災・減災に関するネットワーク構築を図るために、ワークショップを開催し情報共有化を図る。

アジアの社会遺産と地域再生手法

研究代表者
山家 京子
研究分担者
[学内]

石井 梨紗子、石田 敏明、上野 正也、内田 青蔵、重村 力、須崎 文代、 曽我部 昌史、孫 安石、中井 邦夫、松本 安生、趙 衍剛、吉岡 寛之

[学外]
鄭 一止、西堀 隆史
研究の内容

アジアの地域・都市再生事例の課題・背景を、社会遺産という観点から調査し、その地域の歴史的・文化的・政治的文脈から重層的に分析し相互比較した上で、国際的討論を深め、再生計画のアジア的計画論の構築を試みる。

研究活動
  • 研究テーマに即した調査・研究の実施
  • 研究討論会の開催

アジアのデザインに見る文化の性質

研究代表者
中林 広一
研究分担者
[学内]
阿部 克彦、角山 朋子、藤澤 茜、松浦 智子、松本 和也
研究の内容
本研究グループにおいては文化の性質に関する追究を目的とした活動を行い、とりわけデザインというトピックを研究課題として設定しつつ研究を行っていくこととする。
本研究は2021年度まで本センターにて運営されていた「アジア圏における文化の生成・受容・変容」という共同研究の内容を引き継いだものである。そこでは文化が持つ多様な側面の内、生成・受容・変容という文化が変質する瞬間とその状況に着目し、その流動的な文化のあり方を描き出すべく検討を積み重ねてきたが、本研究グループではこうした成果をベースとしつつ、研究の深化を図りたい。具体的には「デザイン」を共通の研究テーマとして採り上げ、デザインに込められた作り手の意図、そしてこの意図を通じて垣間見える文化の生成・受容・変容という現象に着目しつつ、検討を進めていくこととする。
研究活動
本研究グループは、美術研究を専門とする者だけではなく、文学や歴史学など多様な分野の研究者から構成されているが、まずは多様なディシプリンが展開するグループの中で、研究テーマに関する議論を進め、研究方針をより精緻なものにしていく。初年度は研究会を積極的に開催して方針の精緻化と情報の共有を進め、また個々の調査活動を並行して行うこととする。

終了課題

湖南省藍山県過山系ヤオ族の言語学的研究 2015年3月終了
北東アジアの秩序再編と今後の展望 2015年3月終了
東アジア近代における伝統とその変容 2015年3月終了
東南アジアから西アジアにおける民主化と経済発展 2017年3月終了
東アジア4国際都市の脆弱地区の調査、ならびに環境社会再生への方法の探求 2017年3月終了
アジアの水に関する総合的研究 2017年3月終了
東アジアにおける安全保障秩序の変動 2018年3月終了
東アジアにおける東西文明の出会い或いは衝突 2018年3月終了
アジア地域におけるサプライチェーンリスクマネジメントに関する研究 2018年3月終了
2015年ネパール大地震(Mw7.8)による被害と地域社会への影響 2018年3月終了
東アジアの国際経済・ビジネス変遷と現状そして今後の展望 2019年3月終了
アジア圏における文化の生成・受容・変容 2021年3月終了
植民地国家と近代性:アジア諸国を中心とする比較研究 2021年3月終了